空き家8

空き家、不動産、相続税・贈与税の情報

相続税・贈与税

愛人や内縁の妻(夫)の子供は相続人になれるのか?

投稿日:

「亡くなった夫に愛人がいた。さらに、その愛人との間に子供が...」ドラマではありそうな事ですが、現実にありえないわけではありません。この場合、愛人、その子供は相続人になれるのでしょうか。

結論からいくと基本的には相続人にはなりません。しかし、可能性が全くのゼロではありません。

愛人や内縁の妻(夫)の相続権

ブラックくん
配偶者って相続人になれるんだよね?愛人や内縁の妻って相続人になるの?
愛人がいるのか?
レッドくん
ブラックくん
いないけど、教えてよ。
ふーん、まぁいいけど。愛人や内縁の妻は原則、相続人になれないな。
レッドくん
ブラックくん
やっぱり相続人になれないんだ。

愛人や内縁の妻(夫)は原則、相続人になれません。内縁とは、社会通念上夫婦となる意思(婚姻意思)と客観的な夫婦としての実態が必要とされており、言い換えれば、夫婦としての意思と実態はあるが、婚姻届を出していない状態です。

内縁関係は、婚姻に準ずる関係として、法律上の婚姻関係から生まれる権利義務関係の多くが認められていますが、相続については内縁の妻には認められていません。

式は挙げても未入籍の場合は、内縁の妻と同じ扱いで相続人ではありませんので注意が必要です。

遺言による相続

愛人や内縁の妻(夫)は相続人ではありませんが、被相続人の遺産を相続できないわけではありません。被相続人が生前に作成した遺言書に「〇〇に財産を譲る」旨の記載がされている場合は、〇〇が遺産を相続する事ができます。この場合、〇〇は婚姻関係がなくても相続人になります。

相続は遺言書がない場合、法定相続人が相続人となりますが、遺言書がある場合は遺言書の内容が法定相続人よりも優先されるからです。

ココがポイント

遺言書の内容は法定相続人よりも優先される

法定相続人は遺留分を請求

ブラックくん
遺言書があれば、愛人でも相続できるんだ。その場合、法定相続人は何も相続できないの?
遺言書で被相続人が遺言書で財産を愛人に全部を譲ると書いていても、法定相続人は遺留分を請求できるんだ。
レッドくん
ブラックくん
遺留分?
遺留分は法定相続人に認められている最低限の取り分さ。
レッドくん
ブラックくん
最低限の取り分?という事は、遺言で財産を愛人に全部を譲るとしていても、法定相続人はいくらか貰えるんだ。

遺言書がある場合でも、一定の条件を満たす法定相続人には遺留分(最低限の取り分)が保証されています。例え被相続人が遺言で財産を愛人に全部を譲るとしていても、残された家族は愛人に対して遺留分を請求できます。

法定相続人は配偶者、直系卑属の子や孫、直系尊属である父母や祖父母、傍系血族である兄弟姉妹と考えられますが、傍系血族である兄弟姉妹に遺留分は認められていません。

相続人がいない場合は特別縁故者で相続ができる可能性あり

被相続人が独身だったり、父母や兄弟姉妹が亡くなっている。さらには、相続人の存在が不明で相続人の不存在な場合は特別縁故者として相続財産の分与を請求する事ができます。

特別縁故者に該当する場合は、一定期間内に家庭裁判所に財産分与の申し立てをして、裁判所が適当と判断すれば、被相続人の財産の全部又は一部を貰える可能性があります。

特別縁故者とは

・被相続人と生計を同じくしていた者

・被相続人の療養看護に務めた者

・その他被相続人と特別の縁故があった者

相続人の不存在が確定してから3ヶ月以内

相続人が不存在で特別縁故者に該当する場合は、財産を貰える可能性がありますが、そのためには家庭裁判所に申し立てをする必要があります。

家庭裁判所に相続財産管理人を選任してもらい、捜索等の結果、相続人の不存在が確定した時は、確定時から3ヶ月以内に特別縁故者は家庭裁判所に申し立てが必要となります。

愛人や内縁の妻の子供は相続人?

ブラックくん
愛人でも財産を貰える事があるんだな。愛人と被相続人との間にできた子供はどうなるんだ?
愛人との間にできた子供が認知されているかがポイントだ。認知されていたら相続人、認知されていなかったら相続人にはなれないんだ。
レッドくん
ブラックくん
なるほどね。

被相続人の子は第1順位の相続人になります。子には「摘出子」「非摘出子」「養子」「胎児」があります。

子の範囲

・摘出子  正式な婚姻関係のもとに生まれた子

・非摘出子 正式な婚姻関係外に生まれた子

・養子   法律によって血のつながりが認められた子

・胎児   既に生まれたものとみなす

愛人や内縁の妻との間にできた子は非摘出子といいますが、父が認知する事によって、はじめて父子関係が確定します。非摘出子には認知されている場合と、認知されていない場合がありますが、認知されている場合、父親の法定相続人となります。

ココがポイント

・認知された子    相続人

・認知されていない子 相続人にはなれない

母は認知の必要がない

認知をするのは父だけなの?と思いがちですが、母は認知の必要性がありません。

認知とは、父が婚姻外に生まれた子を自分の子であると認める事であり、母は出産という既成事実があるため認知の必要性がないのです。そのため、被相続人が女性の場合は、愛人との間にできた子は法定相続人になります。

摘出子と非摘出子の法定相続分

先に結論からいくと、摘出子と非摘出子の法定相続分に差はありません。しかし、以前は同等ではありませんでした。

以前は、認知された子の法定相続分は、夫妻の間に子がいるかどうかにより違っていました。夫婦との間に子がいた場合、非摘出子の法定相続分は摘出子の2分の1でした。

摘出子か否かによって、相続分が違う事は差別になるのではないか?という声もあり、平成25年9月の最高裁の判決で「摘出子でない子の相続分を摘出子の相続分の2分の1とする部分は憲法違反である」とされ、平成25年12月5日に民法の一部が改正され、摘出子と非摘出子の相続分は同等になりました。

まとめ

愛人との相続関係だけに意識してはいけません。入籍をしていなくても事実上の婚姻関係にあるカップル、後妻と前妻の子がいる場合等、家族が複雑になればなるほど、備えなければならない事は沢山あります。

後妻の連れ子と養子縁組をせずに相続が発生...親同士は入籍をしていても、養子縁組をしていなければ、実子以外は相続権はありません。相続が争族とならないためにも事前に対策をしておきましょう。

  • この記事を書いた人
hide

hide

福岡に住む30代。税理士試験勉強中/サラリーマンブロガー 2児のパパです。 税金を少しでもわかりやすく伝えたい!!をモットーに税金コンテンツを発信中。勉強はいつしているの?ブログでアウトプットとインプット中!!!

-相続税・贈与税
-

Copyright© 空き家8 , 2019 All Rights Reserved.